Search

絞り染め神奈川沖浪裏#12 The great wave off Kanagawa


*written in English below

前回の絞り染め神奈川沖浪裏#11では、ぼかし染めで空部分の染色を行いました。今回の#12では、本作品最後の染色箇所である船上の荷物部分(下の写真の中で赤で囲われている部分)の染色まで工程を紹介します。


In the previous blog #11, the fabric was tied to dye the sky part with the gradation dyeing technique. In this blog #12, the load part on the ship ( the part surrounded by red in the photo below), which is the last dyeing part of this work.


本作品最後の染色箇所である、船上の荷物部分のみを染めるため、その他の部分は全てビニールで覆って防染します。

今回は4枚の生地を絞り、染めていきます。

染色しやすいように、3枚の生地は黄色ビニール紐で束ねています。


In order to dye only the load part on the ship, all other parts are covered with plastic sheet to prevent dyeing.

This time, four pieces of fabric are tied and dyed. Three fabrics are bundled with a yellow string for easier dyeing.

青色で囲まれている箇所が船上の人間部分(白色)です。1回目の染色開始時より一度も解かれず、絞られた状態のままの箇所でもあります。


The part surrounded by blue is the human part (white color) on the ship. It is a part that has not been untied even once since the beginning of dyeing.



染め上がり後の写真です。

A photo after the dyeing process.



解き終わりの生地

A fabric after untying

黄色部分が船本体、紺色部分が荷物部分、絞られている4カ所が人間部分です。


The yellow part is the ship, the dark blue part is the load part, and the four tied parts are the human part.



上の写真の生地を裏から見た場合、絞られている部分に芯が入っているのが確認できます。


If you see the fabric from the back, you can see that each part that is tied has a core.



解き終わり生地の全体写真です。空、白い波、青い波、船、各部分が確認できるようになってきました。


A photo of the untied fabric. The sky, white waves, blue waves, ships, and other parts have gradually become visible.


次回、絞り染め神奈川沖浪裏#13では、絞ってある全ての糸を解きます。

疋田絞り部分(小さな粒)の解き作業は必見です。乞うご期待!


Next blog#13, all the tied thread will be untied. The work of untying the Hitta shibori part (tiny small dots) is a must-see.





※巨大几帳 「絞り染め神奈川沖浪裏」は、第24回京都絞り工芸館 in 銀座で公開いたします。

詳細は下記URLより

https://www.shibori.jp/post/ginza2020